読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

の思ったこと

イラスト描いてます

2013年星組「ロミオとジュリエット」

 続いてこちらは、

2013年の星組公演「ロミオとジュリエット」のBDを譲っていただいて、

わくわくしながら鑑賞した、メモ的感想です。

 

映像には、客席からは観られない発見があり、舞台とはまた別の感動がありました。

ダラダラと、自分の思ったことを書きます。

 

 

2013年星組の男役トップスターは、柚希礼音さん。

 

この方、なるほど、映像でも伝わるカリスマ性。

 

 

柚希礼音さん演じるロミオと、夢咲ねねさん演じるジュリエット

 

女性が演じているからか、なんというかこう、いやらしい感じがしないのです。

まさに少女漫画の世界。レディコミではないのです。

f:id:mow-nakazawa:20170518041347p:plain

ジュリエットを恋慕し、ロミオを敵視するティボルトという役には

AとBのキャストがあってそれぞれを、紅ゆずるさん、真風涼帆さんが演じています。

 

f:id:mow-nakazawa:20170518041357p:plain

紅さんはとてもスレンダーで線が細いのに、ゾッとするような力強い恐ろしさがあります。

宝くじのCMと同じ人とは思えない。

 

 

f:id:mow-nakazawa:20170518041401p:plain

真風さん、初めて観た公演で一番に惹かれた役者さんです。だってかっこいい。

4年前の真風さんも、かっこよかったです。

なんだろう?この男の人の格好よさと、また違う格好よさは。

 

同じセリフ、同じ歌でも演じ手によって大きく印象が違うなぁと思います。

 

赤い髪をした、マキューシオ役の天寿光希さんも印象深かった。

f:id:mow-nakazawa:20170518041543p:plain

綺麗な役者さんばかりで、目線が落ち着きません。

他にもたくさん。(描ききれないので、今後こっそり書き溜めていこうと思います。)

 

f:id:mow-nakazawa:20170518041407p:plain

大人数で一斉に踊る、仮面武道会のシーンは息を飲む華やかさでした。

 

衣装も歌も踊りもセットも、感動することがたくさん。

 

感覚的な感想ですが

宝塚の舞台は、すごく熱量を持ったパフオーマンスだと思います。

見終えてから、

こんな華々しく、踊って歌って演じるにはどれだけの練習が必要なんだろう、と思わず考えてしまいました。

しかも同じ女性が。

なんだか背筋が伸びる気持ちになります。

 うーん。

 

 

 特典映像の、練習風景で、彼女たちがバリバリの体育会系であることを思い知りました。すごい。

f:id:mow-nakazawa:20170518041335p:plain

 

宝塚にはその、美しい、嘘みたいな世界観が徹底されていて、それを大人が本気でやるからこそ、強い魅力があるんだろうなぁと思います。

 

女性の強さを、思い知らされます。

うーん、面白いものを知ってしまった。