の思ったこと

イラスト描いてます

ララランド

f:id:mow-nakazawa:20170307111422j:plain

 

観ました。

観て良かった…。

たまランドでした。

ネタバレにならない中身の薄いの感想をメモ。

 

恥ずかしながら、主演のエマ・ストーンライアン・ゴズリングも映画を見るまで知りませんでした。

でも終わる頃にはもう、二人が大好きになってしまった。

 

f:id:mow-nakazawa:20170307113259j:plain

エマ・ストーンのギョロッとしためがくるくる動く様がとてもチャーミングでたまらなかった。衣装も良かった。人間らしい弱さも、魅力だった。

 

f:id:mow-nakazawa:20170307113226j:plain

ライアン・ゴズリング…なんですか。格好良すぎませんか。顔はのっぺりしてて、「なんだかイマイチ」と思っていたのに、物語が進むにつれてどんどんかっっこよくなっていくから不思議。ピアノはずるいですね。

 

歌も踊りもとにかくワクワクした。

タップダンスのシーン、サイコー。「雨に唄えば」を思い出す。

f:id:mow-nakazawa:20170307115449j:plain

 

f:id:mow-nakazawa:20170307111523j:plain

画面の色も豊かで、元気が出る。

f:id:mow-nakazawa:20170307111535j:plain

 

いいなぁ!と思うところは他にもたくさんありましたが、個人的には、

作中のミアが歌う歌詞にある「夢みる愚か者」というワードが、一番グッときました。

私だって「夢みる愚か者」にもっとなっていいんだと。

「ラ・ラ・ランド」が、失敗に怯える自分の心を少しほぐしてくれたような、気持ちです。

 

観終わったときの心が健康になったような感覚が、心地よかったなー!

 

いやあ、よかつたよかつた。

「ラ・ラ・ランド」を観て、即サントラを買い、

二つの決意をした私なのでした。