読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

の思ったこと

イラスト描いてます

2013年星組「ロミオとジュリエット」

 続いてこちらは、

2013年の星組公演「ロミオとジュリエット」のBDを譲っていただいて、

わくわくしながら鑑賞した、メモ的感想です。

 

映像には、客席からは観られない発見があり、舞台とはまた別の感動がありました。

ダラダラと、自分の思ったことを書きます。

 

 

2013年星組の男役トップスターは、柚希礼音さん。

 

この方、なるほど、映像でも伝わるカリスマ性。

 

 

柚希礼音さん演じるロミオと、夢咲ねねさん演じるジュリエット

 

女性が演じているからか、なんというかこう、いやらしい感じがしないのです。

まさに少女漫画の世界。レディコミではないのです。

f:id:mow-nakazawa:20170518041347p:plain

ジュリエットを恋慕し、ロミオを敵視するティボルトという役には

AとBのキャストがあってそれぞれを、紅ゆずるさん、真風涼帆さんが演じています。

 

f:id:mow-nakazawa:20170518041357p:plain

紅さんはとてもスレンダーで線が細いのに、ゾッとするような力強い恐ろしさがあります。

宝くじのCMと同じ人とは思えない。

 

 

f:id:mow-nakazawa:20170518041401p:plain

真風さん、初めて観た公演で一番に惹かれた役者さんです。だってかっこいい。

4年前の真風さんも、かっこよかったです。

なんだろう?この男の人の格好よさと、また違う格好よさは。

 

同じセリフ、同じ歌でも演じ手によって大きく印象が違うなぁと思います。

 

赤い髪をした、マキューシオ役の天寿光希さんも印象深かった。

f:id:mow-nakazawa:20170518041543p:plain

綺麗な役者さんばかりで、目線が落ち着きません。

他にもたくさん。(描ききれないので、今後こっそり書き溜めていこうと思います。)

 

f:id:mow-nakazawa:20170518041407p:plain

大人数で一斉に踊る、仮面武道会のシーンは息を飲む華やかさでした。

 

衣装も歌も踊りもセットも、感動することがたくさん。

 

感覚的な感想ですが

宝塚の舞台は、すごく熱量を持ったパフオーマンスだと思います。

見終えてから、

こんな華々しく、踊って歌って演じるにはどれだけの練習が必要なんだろう、と思わず考えてしまいました。

しかも同じ女性が。

なんだか背筋が伸びる気持ちになります。

 うーん。

 

 

 特典映像の、練習風景で、彼女たちがバリバリの体育会系であることを思い知りました。すごい。

f:id:mow-nakazawa:20170518041335p:plain

 

宝塚にはその、美しい、嘘みたいな世界観が徹底されていて、それを大人が本気でやるからこそ、強い魅力があるんだろうなぁと思います。

 

女性の強さを、思い知らされます。

うーん、面白いものを知ってしまった。

 

宝塚

 

先月の話ですが、人生で初めて、宝塚歌劇の舞台を観ました。

 

宙組公演「王妃の館/VIVA!FESTA!」です。

(二本立てになっていて、「王妃の館」はミュージカルコメディ、

「VIVA!FESTA!」はスーパー・レビューという歌とダンスのショーです。)

 

頂き物のチケットで、予備知識はほとんどゼロ。

軽い好奇心で向かったのですが、そこで観たものがまあ凄かった。

 

観劇直後の感想です

 

 

 

 

といった感じです。直後は、この新しく強い感覚をなかなか言葉に落とし込むことができなかった。

 

衝撃でした。

 

一週間以内にイラストにまとめました。

柄にもなく、キラキラした雰囲気です。

 

ツイッターをペタペタと貼り付けたものを、果たしてブログと呼べるのでしょうか?

うまくまとめられなくて、

苦肉の策です。

 

感動から少し時間を空けすぎてしまいました。反省。新鮮な気持ちのうちに、書くべきだった。

 

実は幸運なことに、チケットをいただき…

明後日は別の組の観劇にいくのです。

人生二度目の宝塚。

向かう前に初心を思い出し、噛みしめよう!と筆をとった(キーボードを叩いた)次第です。

 

 

 

 

 

 

オーストラリア

 

先日、家族親戚と

オーストラリアはゴールドコーストに行ってきました。

 

f:id:mow-nakazawa:20170402183555j:plain

 

 

小さい頃に何度か行ったことのある、思い出の場所です。

10年ぶりのゴールドコースト

 

f:id:mow-nakazawa:20170402183718j:plain

 

物価が高くなっていたり、ビルがニョキニョキ生えていたりしたけど、大きな空と海とのんびりとした時間の流れは相変わらずで、とても心地よかったです。

 

 

ちょっと恥ずかしいけど、写ルンですで。

 

f:id:mow-nakazawa:20170402182815j:plain

 サーフィンって気持ち良さそうだ

 

f:id:mow-nakazawa:20170402182938j:plain

 砂浜でコアラ

 

 

f:id:mow-nakazawa:20170402180008j:plain

変なコアラ

 

f:id:mow-nakazawa:20170402180031j:plain

 凛々しいコアラ

 

f:id:mow-nakazawa:20170402183302j:plain

旅行に行くと、もっともっと色んな場所に行きたくなります。欲深い。

 

 

 

おもしろい本と漫画

 

最近読んでおもしろかったもの

女性作家編

 

読んだときにラインを引いていた部分を引用…

 

 

小説

西加奈子「きりこについて」角川書店 2011

f:id:mow-nakazawa:20170311134305j:plain

彼女たちは、中学生や高校生など、親の庇護の下にあり、彼氏が自分の人生に及ぼす影響がそれほどないときには、こうた君のような「足の速い」「喧嘩の強い」「ハンサム」な男の子、「友達に自慢出来る」タイプのような男の子に群がるが、いざ結婚などを考え、相手が自分に及ぼす影響が大きくなればすぐさま、「軟弱」でも「ガリ勉」でも、「ぶさいく」でも、「金がある!」男に群がるのである。

 人間の女というものは、かくも残酷で、現実的なものなのだ。しかもその「現実」というのも、彼女たちの思う「現実」である、という勝手さ。

 

 

 

エッセイ

益田ミリ「女という生きもの」幻冬舎文庫 2016

f:id:mow-nakazawa:20170311134320j:plain

そのとき、わたしは重たいものを持ち上げ、棚にのせたのだった。(中略)

 男の人と一緒だったので、頼めば代わりにやってもらえたのだ。でも、試したらできた。できなかったらやってもらっていた。それだけのことである。

「力持ちですね」

褒められたと思い、

「はい、わたし、力持ちなんですよ!」

おどけてガッツポーズ。

(中略)

わたしはあのとき、できない、持てない、やってください、と言わなかったわたしのことを、「いいな」と思ってくれる男の人ならいいなぁと、ほんの少し思っていたのである。

 

 

漫画

田島列島子供はわかってあげない講談社 2014f:id:mow-nakazawa:20170311134311j:plain

 

 

読んだ本について、誰かと語り合いたいなぁ!

 

 

 

箱入り娘

 

 

会話の中で相手の口から出た、「箱入り娘」というワードか妙に心に引っかかった。

 

「箱入り娘」

 

よく考えてみればそれはなんと不自由で、窮屈な状態だろう。

 

 

f:id:mow-nakazawa:20170309114142j:plain

 

 

これはちょっと嫌だなあ。 

 

同じ箱でも、リングのような箱で

 

子の奮闘を親はときに鼓舞して、ときにタオルを投げ入れる、

 

 ボクサーとセコンドのような関係が、理想的な親子関係だな〜なんて考えていました。

 

  

f:id:mow-nakazawa:20170309114146j:plain

 

 

 

 

 

 

 

ララランド

f:id:mow-nakazawa:20170307111422j:plain

 

観ました。

観て良かった…。

たまランドでした。

ネタバレにならない中身の薄いの感想をメモ。

 

恥ずかしながら、主演のエマ・ストーンライアン・ゴズリングも映画を見るまで知りませんでした。

でも終わる頃にはもう、二人が大好きになってしまった。

 

f:id:mow-nakazawa:20170307113259j:plain

エマ・ストーンのギョロッとしためがくるくる動く様がとてもチャーミングでたまらなかった。衣装も良かった。人間らしい弱さも、魅力だった。

 

f:id:mow-nakazawa:20170307113226j:plain

ライアン・ゴズリング…なんですか。格好良すぎませんか。顔はのっぺりしてて、「なんだかイマイチ」と思っていたのに、物語が進むにつれてどんどんかっっこよくなっていくから不思議。ピアノはずるいですね。

 

歌も踊りもとにかくワクワクした。

タップダンスのシーン、サイコー。「雨に唄えば」を思い出す。

f:id:mow-nakazawa:20170307115449j:plain

 

f:id:mow-nakazawa:20170307111523j:plain

画面の色も豊かで、元気が出る。

f:id:mow-nakazawa:20170307111535j:plain

 

いいなぁ!と思うところは他にもたくさんありましたが、個人的には、

作中のミアが歌う歌詞にある「夢みる愚か者」というワードが、一番グッときました。

私だって「夢みる愚か者」にもっとなっていいんだと。

「ラ・ラ・ランド」が、失敗に怯える自分の心を少しほぐしてくれたような、気持ちです。

 

観終わったときの心が健康になったような感覚が、心地よかったなー!

 

いやあ、よかつたよかつた。

「ラ・ラ・ランド」を観て、即サントラを買い、

二つの決意をした私なのでした。

 

 

 

 

 

漫画

 

最近思いの丈を伝えるのに、短くて雑な漫画をかくことをよくしている。

 

ときどき考えること

f:id:mow-nakazawa:20161026173707j:image

 

前髪を切ること

f:id:mow-nakazawa:20161026173940j:image

 

キュンとするもの

f:id:mow-nakazawa:20161026173826j:image

 

ヤギの気持ち

 f:id:mow-nakazawa:20161026174059j:image 

f:id:mow-nakazawa:20161026174109j:image

 

ナショナルジオグラフィックにはまったこと

f:id:mow-nakazawa:20161026174124j:image

 

などなど…

 

これがなかなか楽しくて、いつか清書したいと、思っている。

 

 

いや、する。